国語に大切な作文

国語に大切な作文とは

国語の授業で作文が出されたとき

学校の国語の授業では必ずと言っていいほど作文の宿題が出されます。それほど、「書く力」は身につける必要がある大切な力だと考えられているのです。けれども、作文が苦手で書けないと頭を悩ます人が多いのも事実です。よい文章を書こうと思えば思うほど、余計に書けなくなってしまうものです。題材にもよりますが、あまり肩肘を張らず自然体で誰かに語りかけるつもりで書いてみてください。普段から、例えば「自分の好きな音楽」とか「自分の好きな場所」など自分に関する題材を想定して、文章を書く練習をしていると、徐々に文章が書けるようになってきます。学校の国語で身につけるべき「読む力」「話す力」「書く力」などの力は全て大切な力で、それぞれが密接に関わっています。自分の考えをまとめ表現することは将来きっと役に立ちます。

学校で学ぶ国語を得意にするには

学校で学ぶ国語という科目は、他の科目に比べて非常に苦手という人は少ないです。一方で、一番得意な科目という人も少ないので、なんとなくつかみどころの無い科目という印象が強いようです。ただ、解くコツや勉強方法が身に付けば、安定して点数が取れるようになる科目ともいえるので、ぜひ頑張ってみましょう。国語の点数を上げる一番の近道は、とにかく読書量を増やすことです。読書には、文章を読む力だけでなく、想像力や思考力、漢字の習得など様々な効果が期待できます。あとがきなどを読むと、作者がどんな思いで作品を書いたのかを知ることができる本もあるので、参考にしてみましょう。最近では、多くの学校で読書の時間を増やす取り組みが行われています。

↑PAGE TOP