学校の国語が苦手

学校の国語が苦手なら

読書をして国語の力を伸ばそう

学校の授業の中で国語が苦手と感じている人は意外に多いものです。授業で扱われるものには、小説や説明文もあれば詩や俳句、短歌などもあります。授業や試験では、筆者や作者が読者に何を伝えようとしているのかを読み取る力がしばしば問われますが、読書の習慣がないと目で文章を追うだけで、なかなかそこに描かれている登場人物の気持ちや作者の言いたいことに思いが至らないものです。ですから、普段から本に触れることはとても大切です。まずは自分の興味のある分野の本から読み始め、次第に読書の幅を広げていきましょう。学校の国語の時間も苦痛ではなくなるはずです。また、本を読むことで興味が広がり、様々なことに関心を持って取り組めば他の教科にも良い影響を与えることでしょう。

国語力を身に付けるには

学校教育に於いて、国語力は、あらゆる学力の基礎と言われています。その力を伸ばすには、文章を読む力と文章を書く力です。その為に、本を読むことは、とても大切なことです。本を読むことによって、読む力が備わってきます。書く力を高める為には、書く力の基礎となる、読む力も身に付けなくてはならないのです。子供達の国語力を伸ばす為には、選択式の問題を解くだけでは不十分です。学校でも、もっと作文を書く時間を増やす必要があるでしょう。小さい頃から身に付けた、文章の読解力は、大人になっても、必ず良い効果をもたらす筈です。

新着情報

↑PAGE TOP